総合病院からクリニックへ転職するためのポイントとそのメリット

2人の笑顔な看護師

総合病院からクリニックへ転職!

クリニックの院内

業務や委員会に勉強会と日々多忙な看護師ですが、忙しすぎるあまり「プライベートな時間がとれない」「休みが休みじゃない」と感じている看護師は多くいます。
総合病院などの大きな病院に勤務にする看護師だとなおさらです。

総合病院は、看護師への教育体制がしっかりサポートされている病院も多く、その場合は夜勤明けの勉強会への参加やプリセプター制度による先輩後輩同士での話し合いなどの場も増えてきます。
そうなると、ますます時間がなくなり、気付いたら仕事中心に生活がまわっていたということも少なくありません。もちろん、看護師皆が皆そういうわけではなく、「仕事に追われているのが楽しい」「知識を吸収するのが楽しい」と思う看護師さんもいます。

しかし、結婚や子育てなどのライフイベントによる変化もあり、「プライベートな時間がほしい」「子供と過ごしたい」と考える看護師も少なくありません。しかし、他の職種に転職しようと思っても、「看護師の世界しか知らない自分が、他にどんな仕事ができるのだろう」と不安に感じてしまい、なかなか一歩を踏み出すことが難しく、悩んでしまう看護師がほとんどなのもまた事実なのです。
「病院内での常識は外での非常識」という言葉もあるくらいなので、看護師という職種はそれほど特殊なのだといえます。

クリニックへ転職するメリット

そんな中で、次に看護師が考える選択肢はクリニックという人が多いです。
クリニックへの転職するメリットとしては、「夜勤がない」「職場の雰囲気が明るい」「残業が少ない」などで、勤務形態や雰囲気に強みがあります。病棟勤務の場合、オンコール指示であったり、急なトランスやオペ出しなどの残業に繋がる業務も多く、多忙になると病棟内の雰囲気もピリピリしてしまいがちです。

しかし、クリニックでは通院する患者の重症度レベルが低く、緊急性を要する場合はほとんどありません。そのため、患者さん本人をはじめ、周りの雰囲気も明るい場合が多く、業務自体もスムーズにこなすことができ、定時で帰宅できるクリニックがほとんどになります。

「プライベートの時間をしっかり確保したい」という看護師さんには、とても好条件の職場になるのではないでしょうか。もちろん、上記で挙げたようなクリニックばかりではなく、クリニックの中にはいわゆる「ブラッククリニック」であったり、クリニックの科目によっては残業や遅出などもある場合あるため、クリニックの転職先を探すには注意が必要です。

クリニックへ転職するポイント

「ブラッククリニック」を避け、自分の希望するクリニックへ転職するためのポイントとしては、「勤務体制」「福利厚生」「職場の雰囲気」「院長の方針」などをしっかり下調べをしたうえで決めていくことが重要になります。

クリニックでは、スタッフが少なく急な欠勤などがあった場合には、個人の仕事の負担が増えることもあり、科目によっては繁忙期に残業が発生したりすることも珍しくありません。また、スタッフの人数が少なく、人間関係が狭くなりがちであったり、院長の方針変更により福利厚生や勤務形態が変化する場合もあります。
そのため、しっかりと事前に念入りな下調べと確認がとても重要であり、この段階で今後の職場での働きやすさが決まります。

下調べに関しては、個人で行うのもいいですが、やはり個人の力では限界があるため、病院やクリニックなどの内部事情を詳しく知りたいのであれば、プロの力を借りるのがより確実な方法です。看護師の間ではよく知られていると思いますが、看護師の転職サポートを専門としたサイトが数多く存在しています。
転職を視野に入れている看護師の中には利用している方もたくさんいるのではないでしょうか。

オススメリンク

  • 高松内科クリニック

    甲状腺の病気は、珍しい病気ではありません。健康診断などで甲状腺の病気などが発見されることが多くなっています。少しでも違和感や不安を感じたら、早めに甲状腺専門クリニックを受診してください。大阪の甲状腺専門クリニックなら、こちらのクリニックがオススメです。

最新記事一覧